奥鬼怒温泉郷への旅その10:八丁湯の雪の日

八丁湯の記念撮影場所

風呂からあがって一休み。

少し落ち着いたところで、雪景色を楽しみたくなって、外へと出てみました。

もういよいよ年の瀬。

玄関は正月飾りがつけられていました。

八丁湯の正月飾り

前日までは、雪がありながらも土が見えていた道も、雪で覆われていました。

八丁湯の前の雪道

八丁湯の前の雪道

ここは宿の正面、記念撮影ができる場所のようです。

八丁湯の記念撮影場所

少しだけ上流へと進むと、来るときに見えていた看板にも雪がふわっと積もっています。

八丁湯の前の雪道

雪がつもった八丁湯の看板

滑らないように気をつけながら、宿正面へとまた戻りました。

八丁湯の前の雪道

それにしても、雪がキレイ。

雪の日は、ワクワクもあるけど、雪が音を吸収して、しーんと静か。

この静けさが大好きです。

その静けさの中で、日が当たって光る雪がまた一層キレイでした。

なんとかその雪の美しさを撮りたくて、ちょっと奮闘。笑

スマホのカメラだからか、私のスキル不足だからか、限界もあるけれど、少し伝わるでしょうか。

八丁湯の前の雪

八丁湯の前の雪

八丁湯の前の雪

この日は、雪の静けさを楽しみながら、静かに過ごす日にしました。

(つづく)

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。