奥鬼怒温泉郷への旅その2:鬼怒川温泉駅前の鬼怒太

鬼怒川温泉駅

特急に2時間ほど乗ったところで、鬼怒川温泉駅に着きました。

乗った電車はこんな感じ。

特急きぬ号

ちょっとかっこいい感じですよね。鉄道好きの方にはたまらないのかな。

駅構内でこんな自動販売機も見つけました。

自動販売機鉄道むすめ

そして、観光地お決まりの顔を出して記念写真を撮るパネルも。

鬼怒川温泉駅の記念撮影パネル

改札を出て、駅を正面から撮りました。

鬼怒川温泉駅

そして、てくてくと歩くと、鬼怒太の銅像。

鬼怒太の銅像

お尻フェチな私は、ちゃんと鬼怒太のお尻もカメラに収めました。

鬼怒太のお尻

めちゃめちゃ私好みという訳ではないですが、でも良いお尻でした。

背骨も浮き出ているのが、ちょっとドキッとする筋骨隆々な感じをうかがわせます。

ちなみに、近くの駅には鬼怒子という女の子バージョンの銅像もあるようです。

是非訪れたかったのですが、電車の時間など合わず、断念。

是非近くに行かれた方は、両方ともチェックしてみてくださいね。

さて、今回泊まるお宿は、ここから更にバスに乗ります。

公共バスで、鬼怒川温泉駅を出発して、女夫渕まで向かいます。

なんと、気づけば貸し切り状態でした。

途中からバスの運転手さんに話しかけていただいて、公共バスなのに、まるで観光バスかと思うほどに、見どころを解説していただきました。(感謝!)

バス旅の様子はまた次回。

(つづく)

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。