感性とつながる瞬間がどんどん増えている 身体はその受信器だと思う

朝のあざみ

理屈なく惹かれる

一瞬で共鳴する

そういう時がある

一目見た時に、一行読んだ時に、身体に何かが走ることってあると思う

同じように、一音聞いた時に私の身体は知っていた

これは私にとっての本物であり真実であるということを

“感性とつながる瞬間がどんどん増えている 身体はその受信器だと思う” の続きを読む