奥鬼怒温泉郷への旅その8:八丁湯からお隣の加仁湯へ日帰り入浴

加仁湯の女性専用露天風呂

八丁湯でゆっくり一晩過ごし、翌日は、歩いて5分ほどのところにある加仁湯へ日帰り入浴をしに行きました。

加仁湯は、乳白色のにごり湯があるとのことと、色んなお風呂がいくつもあって楽しめるとのことで、ワクワクしながら向かいました。

向かう道は、川沿いを歩いていくので、川を眺めながらのお散歩も楽しいです。

八丁湯の正面を流れる川

八丁湯の正面を流れる川

加仁湯に到着!

加仁湯の正面玄関

そして、早速お風呂へ。

まずは、女性専用の露天風呂。

こんな感じの乳白色です。

加仁湯の女性専用露天風呂

午後1時という、まだ宿泊客の方が到着していない時間ということもあって、一人占めでした。

そして、次はロマンの湯。色んなお湯に浸かれるところです。

加仁湯のロマンの湯の説明

ちょっと分かりにくいですが、この木の仕切りの間に、一つずつ異なるお風呂があります。

加仁湯のロマンの湯

温度が違ったり、お湯の色が違ったりと、風景を見ながら楽しみました。

ただ、ここは混浴なので、ちょっとドキドキしながらの入浴。笑

このロマンの湯に入っている時に、下の方から入浴中の方々の声が聞こえてきました。

ちょっと広めの混浴風呂があるようで、そこに入浴中の方々のようでした。

そのお風呂にも行ってみたい気もしましたが、ちょっと勇気が出ず(笑)、今回はやめておきました。

帰り道は、こんな感じで雪が積もっていました。

加仁湯から八丁湯への道

加仁湯から八丁湯への道

宿に帰って、ゆっくり本を読んだり、色々とノートに書き出したりして過ごしました。

すると、いつの間にか随分時間が経っていて、気がつくと、雪が舞い始めていました。

夜になると、八丁湯の滝見風呂の滝はライトアップされるとのこと。

これは、舞う雪と、ライトアップされた滝の両方が見れるかも♪と思い、お風呂へ向かいました。

ラッキーなことに、混浴風呂に誰もいなかったので、滝を正面から楽しむことにしました。

八丁湯のライトアップされた滝

滝のすぐ脇には、滝を間近に楽しむことができるお風呂もあります。

せっかくなので、そのお風呂も楽しむことにしました。

足元が暗いので、気をつけながらゆっくり歩いて、お風呂に到着。

滝がとても近いです。

八丁湯の滝

静かな夜、滝の音しか聞こえません。

ただただ、お湯と滝を楽しみました。

参考ページ:加仁湯の公式ページ

(つづく)

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。