読書記録や映画を見ての感想など、感じたことを言葉にする難しさを感じて、更にチャレンジしようと思いました

先日、映画「地球交響曲第8番」を見ての感想や、書籍「星野道夫物語」を読んで読書記録を立て続けに書きました。

書き終えてみて、感じたことを言葉で表現するのはなかなか難しいなぁ、、と思いました。

両作品とも、様々なメッセージを受け取ることもできるし、複数のエピソードが語られているから、という理由もあると思います。

けれど、大きな理由は、理性というよりは感性に訴えかけてくる内容だからだと思います。

“読書記録や映画を見ての感想など、感じたことを言葉にする難しさを感じて、更にチャレンジしようと思いました” の続きを読む

心の痛みが解放されるとともに、身体の痛みも薄れていく

心の学びの中で、自分では気づいていなかった心の痛みに気づいていきます。

まさかそんなに苦しかったなんて、そんなに辛かったなんて・・・。

だいぶ昔に心の奥にしまい込んだ傷は、どれだけの痛みだったかなんて忘れてる。

でも、それは必要があって忘れることにした、あるいは感じないようにした痛み。

“心の痛みが解放されるとともに、身体の痛みも薄れていく” の続きを読む