奥鬼怒温泉郷への旅その7:奥鬼怒温泉郷の宿・八丁湯(日本秘湯を守る会の会員宿)

雪見風呂がしたくて、静かな時間が過ごしたくて選んだ宿。

奥鬼怒温泉郷の八丁湯。

早めに到着しましたが、お部屋に通していただけました。

そのお部屋が、もう素敵過ぎました。

こんな感じのお部屋です。

八丁湯のログハウスの室内

このログハウスは人気だそうで、混雑するときは予約が取りにくいかもしれません。

私が訪れた時は、年末年始の混雑が始まる少し前で、とても空いていました。

お部屋の外に出ると、ベランダがありました。

八丁湯のログハウスのベランダ

とっても寒いので、ツララも見れました。

八丁湯のログハウスのベランダのつらら

向こう側には川が流れていて、川の音に癒されます。

八丁湯のログハウスのベランダの向こうに見える川

きっと、夏に来たら、涼しくて気持ち良いんだろうな~。

部屋の奥まで入って、入口の方も撮ってみました。

八丁湯のログハウス室内を奥から撮影

部屋は角部屋だったので、もう一つの窓からも外の風景が楽しめます。

八丁の湯のログハウスの窓から外の眺めを楽しむ

お部屋にはこんな可愛らしい飾りもあって、癒されます。

八丁湯の室内にあったお花のような飾り

朝からの移動で疲れもあったので、少しぼーっとした後は、宿泊のお客さんが到着する前に、早速お風呂に行ってみよう!と思い、いざお風呂へ。

内風呂と露天風呂がありますが、やはりまずは露天風呂。

もうですね、このお風呂がまた癒されるんです。

八丁湯の女性専用露天風呂

そして、ここは、露天風呂から滝が眺められるという、更に更に素敵な環境。

八丁の湯の女性専用露天風呂から見る滝

露天風呂は、混浴のものもあり、混浴露天風呂からの方が滝を正面に見ることができ、更に楽しめます。

この時は、男女のグループが入っている様子が聞こえてきたので、またあとで楽しむことにしました。

お風呂からあがって、宿の中をぶらぶら散歩。

館内地図もおしゃれです。

八丁湯の館内地図

参考ページ:八丁の湯の公式ページ

(つづく)

The following two tabs change content below.
花芽 英莉(かが えり)

花芽 英莉(かが えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。