郡上八幡への旅その2:水という水、川という川に癒される

年末シーズンに入る少し前の時期に、電車とバスを乗り継いで、郡上八幡の地へと降り立った。

都心からだと、あまり交通の便が良くなく、移動だけで半日仕事だ。

何をするわけではない移動は、妙な疲れが溜まる。

宿にチェックインして、少し休憩をとっても、その疲れは取れない。

こんな時は、町に出てしまおう、と外へ出た。

郡上八幡のげた屋さん

歩いていると元気になることはよくあるけれど、

歩けば歩くほど、この町には癒された。

それは水のお蔭なのではないかと思う。

町の中心部を歩いていると、川の音、街中を流れる用水の音、

水舟(水飲み場となっている水槽)から流れる水の音など、いたる所から水の音が聞こえてくるのだ。

旧庁舎記念館の前の水舟

路地に入って音がしなくなった・・・、と思ったら、また別の方向から水の音が聞こえてくる。

音がする方に吸い寄せられるようにして、私は歩いていた。

ある時は、趣のある水の小径へと誘われたり、

またある時は、通りの両脇や、住居のすぐ前を流れる水路に呼ばれた。

乙姫川

そんなことを繰り返していたら、すっかり移動の疲れが取れ、

それに加えて、優しく柔らかな気持ちになっていた。

数時間歩いただけで、こんな気持ちになる町があるんだ、と驚いた。

この町の不思議な力に魅せられてしまった私は、そのまま滞在予定を延長することにしてしまった。

まだ到着したばかりだというのに。

屋久島も水が豊かな島だったけれど、郡上八幡も同じく水と共に在る町だった。

私は水に惹かれ、深く癒されてしまうのだと気づいた。

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。