【なぜ参加したのか?】ヴィパッサナー瞑想@京都に行って来ました

この10日間にも及ぶヴィパッサナー瞑想のことを知ったのは、10年ほど前でした。

当時の勉強仲間などで話していた時に話題にのぼったのだと思います。

なんかよく分からないけれど、面白そう!そんな印象でした。

けれど、10日間+前後2日で合計12日間。

10日間のプログラムとは聞いていましたが、前後も1日ずつプログラムに含まれているようで、合計で12日間必要でした。

なかなか、これだけのまとまった時間を取るのは困難です。

また、このヴィパッサナー瞑想は京都と千葉で開催していますが、私の気持ちは京都の方に向いていました。

時折、ヴィパッサナー瞑想のWEBサイトを覗いては、日程を見て、スケジュール帳とにらめっこ。

うーん、やっぱりダメ!

そんなことを繰り返していました。

なかなか時間を取るのが難しいので、存在だけは頭の片隅に置きながら、いつしかWEBサイトを覗かなくなっていました。

そして、2017年夏。

友人と話していた際に、またこのヴィパッサナー瞑想が話題にのぼりました。

そういえば、前々から行きたいと思ってたなぁ、と思い出し、ふとWEBサイトを覗いてみました。

すると、なんと京都の年末の回の予定がばっちり合ったのです。

一日も休暇を取ることなく、参加することができる!

びっくりしました。

けれど、既にキャンセル待ち状態。

行こうかどうしようか迷いはあったものの、とりあえず申し込まないことには始まらないので、キャンセル待ちで申込みをしました。

すると、12月に入ってから、キャンセルが出たとの連絡。

おぉ!きた!

でも、また迷います。

今が行くべき時なのか・・・。

けれど、いつ何が起こって行けなくなるか分かりませんし、今時間が取れて、しかも参加OKの連絡が来ているのなら、行こう!

そう決めて行くことにしたのでした。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。