【施設編】ヴィパッサナー瞑想10日間コース@京都 年末年始の冬の寒い時に行って来ました

京都ダンマバーヌの宿泊棟&瞑想ホール

少し早めに到着しましたので、外観などを写真に撮ることができました。

バス停から送迎バスに揺られて見えてきたのがこちらの看板。

京都ダンマバーヌ看板

こちらが施設入口。

京都ダンマバーヌ入口

奥へと入っていきます。

すると、瞑想ホールと宿泊棟が一緒になったメインの建物があります。

京都ダンマバーヌの宿泊棟&瞑想ホール

宿泊棟の玄関です。施設所有の長靴やサンダルなどが置いてありました。

京都ダンマバーヌ宿泊棟の玄関

宿泊棟の中の部屋は、布団を床に敷くタイプと、ベッドのタイプがありました。

京都ダンマバーヌ宿泊棟のベッド部屋

京都ダンマバーヌ宿泊棟の布団部屋

この建物の目の前が食堂です。

京都ダンマバーヌの食堂入口

またメインの建物の向こう側が、歩いたり散歩できるスペース。

京都ダンマバーヌの庭その1

京都ダンマバーヌの庭その2

古い生徒さんなどは個室で過ごすことができるようで、コテージがいくつかありました。

京都ダンマバーヌのコテージ

全体的に、とてもシンプルで質素な雰囲気を感じる場所でした。

10日間瞑想し続けるのに、無駄や派手さは不要ですし、十分で心地よい施設でした。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。