【体験談:5-6日目、痛みは痛みではないかもしれない】ヴィパッサナー瞑想@京都に行って来ました

次に変化を感じたのが、5~6日目辺りでした。

4日目からいよいよ、ヴィパッサナー瞑想が始まったわけですが、初日からあった足の痛みはまだまだ続いていました。

けれど、この日から、グループ瞑想の時間は、足を組み直すなどの大きな動きをしないと決意しましょう、と前日の講話で話されています。

この痛みの中、動かないなんてできるのだろうか、と自問していましたが、何とかやってみることにしました。

すると、足を伸ばしたり組み直したりはせずにいられました。

痛みが続きますが、それでも客観的に観察を続けていくことができたのです。

その時、気が付いたのは、本当にどうにもならない痛みよりもずっと前の地点で「痛い」と感じるんだな、ということです。

実際は、その「痛い」と思った時点よりも、かなり長くそのままでいられるのです。

そのことを体験を通して気づいたときに、新鮮な驚きと嬉しさと共に、自分が「痛い」と感じていたのは何だったんだろう?と狐につままれたような気分でした。

更に、指導者の方のアドバイスで、その痛みをもっとよく調べていきました。

私には、痛みのある足の部分が、ブロック石のように感じられたのですが、本当にそうなのか調べてみてください、と言っていただいたのです。

その後、よく調べていったら、ブロック石ではなく、細かく何かが振動していて、微細ながらどんどん感覚が変わっていっていることを感じました。

痛みというものの感覚が、自分の中で大きく変わっていった時でした。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。