【体験談:2-3日目、体の痛みと眠気との闘い】ヴィパッサナー瞑想@京都に行って来ました

日々、色々と気づきや思いついたことなどがあったのですが、筆記用具やスマートフォンは預けてしまっているので、メモが取れません。

ですので、思い起こしながら書いてみたいと思います。

まず気づきと変化があったのが、2~3日目辺りでした。

全体のスケジュールにも書いた通り、1~3日目は呼吸を意識する瞑想を続けます。

とにかく身体の痛みと眠気との闘いでした。

また日々出される食事が美味しくて、食べ過ぎたり、それで眠くなったりもしていたと思います。

けれど、2日目か3日目の時に、これでは何も得られなくなってしまうと危機感を覚え、思い直して、食事量の調整を始めました。

時折外で散歩するものの、日々座って瞑想を続けているのですから、それに見合った、あるいはより瞑想に集中できる食事量を自分で探っていきました。

「食べたい!」という気持ちではなく、これで十分かどうかを身体感覚に聞いて確かめていく感じです。

ヴィパッサナー瞑想は、身体の感覚をひたすら観察していくわけですが、これもある意味でヴィパッサナーだったように思います。

これをきっかけに、眠気が抑えられてきて、少しずつ瞑想に集中できるようになっていきました。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。