【持ち物編】ヴィパッサナー瞑想10日間コース@京都 年末年始の冬の寒い時に行って来ました

ネットの情報や、申込み時のお知らせなどで、寒さがどれほどのものか心配で色々と持って行っていきました。

体調を崩して、途中で断念せざるを得ない状態になったら、とても残念なので体調管理も大切です。

備忘録として、持ち物について記録を残しておきたいと思います。

京都ダンマバーヌに冬訪れた際のものです。

ヴィパッサナー瞑想10日間コース 持ち物について

<持って行って良かったもの>
ホッカイロ(10〜20個程度)
マスク(日数分)
保湿できるクリーム
綿棒
速乾タオル、速乾バスタオル
大判ショール
手袋

*乾燥と防寒対策として上記のものがとても役立ちました。
*乾燥のせいで、喉や鼻の調子が悪くなっている方がいました。マスクは必須と感じました。
*綿棒は耳がすっきりして良かったです。
*手袋は外を散歩している時に寒い場合、よくつけていました。

<持って行かなくても良かったもの>
寝袋

*寝袋は使用している方もいたけれど、毛布や湯たんぽで何とかなった。ただ、到着が遅いと毛布を余分にもらえない可能性があるので、その場合はあるといいかもしれない。

<持っていれば便利だったかもと思うもの>
ワンピース
紐じゃなくてゴムのパンツ

*ワンピースは風呂上りなどにさっと着れて時間短縮になりそう。
*ゴムパンツは脱ぎ着が楽で良いと感じた。

<持って行かなくても何とかなるもの>
ホッカイロ
歯ブラシ
女性は生理用品、化粧水など
男性はひげそり
爪切り
シーツ、枕カバー

*以前参加した方が置いていったものや、数十円で購入できるものもあり、しまった!忘れた!という時には何とかなりそうでした。
*シーツ、枕カバーは忘れてしまった場合は数百円で貸してくださいますが、あくまでどうしても忘れた場合と考えた方が良いと思います。

ヴィパッサナー瞑想10日間コース 基本的な服装

<寝る時>
普通の冬用のパジャマ+フリース
これにお借りした湯たんぽを使用
ただし、初日のみ寒くて靴下を履き、ホッカイロも貼っていた

<瞑想の時>
トップスは、下着、キャミソール、七分のヒートテック、長袖Tシャツ、大判のショール、これで更に寒ければ+フリース。
ボトムスは、フリース長ズボン。
靴下は眠くなるときは脱いだりもしていた。
毛布を貸してくださるので基本的に足全体にかけていました。

<活動している時>
瞑想時の服装に、靴下2枚重ね履き、ライトダウンなどの上着を一枚羽織る。
更に寒い時には、長ズボンの下に、極暖ヒートテックレギンス。

以上が、持ち物と服装についてです。

もちろん、個人差はありますし、その時の気温などにもよるかと思います。

あくまで自分自身の備忘録です。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。