台湾カフェ春水堂 六本木店に行って来ました(六本木一丁目駅からすぐ、電源あり)

春水堂の店内の様子

赤坂、六本木近辺で静かに過ごせるカフェを探して、こちらに行きました。

六本木一丁目駅からすぐにアークヒルズサウスタワーに入っています。

エレベーターを上がってすぐに看板を発見しました。

春水堂の看板

お店の外観

お店の外観はこんな感じです。

春水堂の入口

春水堂の外観

こじんまりしたお店ですが、外から眺めていても、落ち着いた雰囲気が漂っています。

店内の様子

早速、店内へ入りました。

ドアが開くとすぐ左側にレジがあり、右側は席になっています。

店内の席はこんな感じです。

春水堂の店内の様子

右側のカウンター席には、電源もありますので、スマートフォンなどがピンチの時は助かりますね。

店内奥に、テーブル席が5つほどあります。

過ごしてみて感じたこと

何をオーダーするか迷ったのですが、ちょこっと小腹が空いていましたので、肉まんセットにしました。

セットの飲み物は、香醇(こうじゅん)という、紅茶に近いシンプルなミルクティーを注文。

「甘さ控えめにできますが、どうしますか?」と聞かれましたので、甘さ控えめでお願いしました。

けれど、それでも甘かったです。

いっそ、砂糖なしができるならそうしても良かったかも、と思いました。

少し待つと、テーブル席が空いたので、そちらでゆっくり過ごしました。

春水堂の肉まんセット

週末の夕方、カフェタイムに訪れましたが、最初のうちは2~3組程度だったお客さんが、小一時間ほどすると、4~5組程度と少し増えました。

それでも、週末の都心のカフェとしては、静かな雰囲気だと思います。

狭い店内なので、話し声が少し気になりますが、それでも店内はゆったりとした空気が流れているので、ゆっくりと読書をしたり、物思いに耽ったりするにはいい感じです。

また近くに行ったら、訪れたいと思いました。

おまけ

六本木一丁目駅から出てすぐのところに、大きなクリスマスリースが飾ってありました。

六本木一丁目駅の巨大クリスマスリース

クリスマス気分が盛り上がっていい感じです。

参考ページ:春水堂 六本木店の食べログ

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。