佐渡島旅行記その6:トキと両津港~ありがとう、佐渡

いよいよ最終日。

相川から両津港へと向かいました。

海の方を眺めていると、思わずカメラを向けたくなる岩が所々に見えてきます。

佐渡の海岸に見える岩

今回、佐渡島を訪れて初めて知ったのですが、佐渡は日本ジオパークというものに指定されていて、地球活動が生み出した地形や地質を、随所で観察できるそうです。

島から海を眺めると、海岸もゴツゴツしていたりと、なんだかとても味がありました。

そして、やっぱりトキのことに触れずには、島を後にはできないと思い、トキの森公園へ。

トキの森公園

サドッキーが迎えてくれました。

佐渡のトキのキャラクターのサドッキー

園内の施設で、トキを見ることもできました。

二羽のトキ

現在は、日本生まれのトキは絶滅し、中国から供与されたトキを繁殖させているようです。

資料館で展示されていた写真で日本生まれのトキも見ましたが、中国のトキとは羽のピンク色の具合が若干違いました。

その後、両津港へ戻り、港の周りを散策して、少し面白いものを発見しました。

保育園の園庭にある八幡若宮神社の鳥居

なんだか分かりますか?

鳥居が、保育園の敷地内にあるんです。

あとから、少し調べたら、八幡若宮神社の2つある鳥居のうちの1つのようです。

昔、参道だったところに、道路ができ、保育園ができたものの、鳥居は残している、という状態のようです。

写真を撮った時は気づいてなかったのですが、奥に2つ目の鳥居も見えています。

道路を挟んで建つ八幡若宮神社の2つの鳥居

両津カトリック教会も見に行ってみました。

両津カトリック教会

その後、しばらく通りを歩いて、街並みを楽しんみ、両津港から佐渡汽船のフェリーに乗りました。

フェリー内は、なんとエスカレーターがあり、ちょっとビックリしました。

佐渡汽船フェリー内のエスカレーター

船はなかなか乗る機会が無いので、船内歩きも楽しんでしまいました。笑

レストランなどもあって、船の中にいることを忘れてしまいます。

佐渡汽船フェリー内のゲームセンター

佐渡汽船フェリー内の食堂

佐渡汽船フェリー内の食堂

フェリーから、沈む夕日も見れて、本当に盛りだくさんな旅でした。

フェリーから見た水平線に沈む夕日

佐渡島は、まだまだ見所があるようで、一回では見切れなかったというのが感想です。

島ができた経緯から、標高1,000mでも高山植物が見れたり、南北両系の植物が見れるそうなので、今度はトレッキングをしに来たい、などと思ったりしています。

佐渡島に行かれる際は、色んな見所がありますので、余裕を持ったスケジュールがオススメです。

*日本ジオパークはこちらをどうぞ。
*佐渡ジオパークはこちらをどうぞ。
佐渡島の成り立ちや、見所が分かって面白いです。
*トキの森公園はこちらをどうぞ。

(佐渡島旅行記・おわり)

The following two tabs change content below.
花芽 英莉(かが えり)

花芽 英莉(かが えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。