佐渡島旅行記その6:トキと両津港~ありがとう、佐渡

両津港に停泊する佐渡汽船のフェリー

いよいよ最終日。

相川から両津港へと向かいました。

海の方を眺めていると、思わずカメラを向けたくなる岩が所々に見えてきます。

佐渡の海岸に見える岩

今回、佐渡島を訪れて初めて知ったのですが、佐渡は日本ジオパークというものに指定されていて、地球活動が生み出した地形や地質を、随所で観察できるそうです。

島から海を眺めると、海岸もゴツゴツしていたりと、なんだかとても味がありました。

そして、やっぱりトキのことに触れずには、島を後にはできないと思い、トキの森公園へ。

トキの森公園

サドッキーが迎えてくれました。

佐渡のトキのキャラクターのサドッキー

園内の施設で、トキを見ることもできました。

二羽のトキ

現在は、日本生まれのトキは絶滅し、中国から供与されたトキを繁殖させているようです。

資料館で展示されていた写真で日本生まれのトキも見ましたが、中国のトキとは羽のピンク色の具合が若干違いました。

その後、両津港へ戻り、港の周りを散策して、少し面白いものを発見しました。

保育園の園庭にある八幡若宮神社の鳥居

なんだか分かりますか?

鳥居が、保育園の敷地内にあるんです。

あとから、少し調べたら、八幡若宮神社の2つある鳥居のうちの1つのようです。

昔、参道だったところに、道路ができ、保育園ができたものの、鳥居は残している、という状態のようです。

写真を撮った時は気づいてなかったのですが、奥に2つ目の鳥居も見えています。

道路を挟んで建つ八幡若宮神社の2つの鳥居

両津カトリック教会も見に行ってみました。

両津カトリック教会

その後、しばらく通りを歩いて、街並みを楽しんみ、両津港から佐渡汽船のフェリーに乗りました。

フェリー内は、なんとエスカレーターがあり、ちょっとビックリしました。

佐渡汽船フェリー内のエスカレーター

船はなかなか乗る機会が無いので、船内歩きも楽しんでしまいました。笑

レストランなどもあって、船の中にいることを忘れてしまいます。

佐渡汽船フェリー内のゲームセンター

佐渡汽船フェリー内の食堂

佐渡汽船フェリー内の食堂

フェリーから、沈む夕日も見れて、本当に盛りだくさんな旅でした。

フェリーから見た水平線に沈む夕日

佐渡島は、まだまだ見所があるようで、一回では見切れなかったというのが感想です。

島ができた経緯から、標高1,000mでも高山植物が見れたり、南北両系の植物が見れるそうなので、今度はトレッキングをしに来たい、などと思ったりしています。

佐渡島に行かれる際は、色んな見所がありますので、余裕を持ったスケジュールがオススメです。

*日本ジオパークはこちらをどうぞ。
*佐渡ジオパークはこちらをどうぞ。
佐渡島の成り立ちや、見所が分かって面白いです。
*トキの森公園はこちらをどうぞ。

(佐渡島旅行記・おわり)

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。