ありがとう、また帰って来るね(郡上八幡への旅その5)

乙姫滝2

小さな川、大きな川、そこにかかる大小の橋。

街を歩きながら、何度、橋を渡っただろう。

何度、水流を眺めただろう。

郡上八幡博覧館では、古くから水と共に暮らしていた人々の様子が紹介されていた。

街へと引いた用水の使い方には、厳しいルールが設けられていたそうだ。

水と親しむ街の人々は、水を使う知恵も持っていたことがうかがえた。

それだけでなく、水と戯れ、水と遊ぶ楽しみも存分に持っていただろう。

水舟

街中のいたる所にある水舟で、いつでも水が飲める。

自動販売機で水を買うことが当たり前になったこの時代に、なんと豊かなことだろうと感じる。

私たちの生活と、私たちの命は、水とは切っても切り離せない。

生命線とも言える水が、これだけ豊かに在ることが、心をも豊かにする。

そして、もともと居た場所に帰って来たような、どこか懐かしい気持ちにすらなる。

よくしてくれた食事処のおばさまが、「また来てね」と言った。

でも、また帰って来るね、という気持ちになる。

鮭は、懐かしい匂いを頼りに、自らが生まれた川をのぼっていくらしい。

魚はどうか分からないが、人間にとって匂いは、

五感の中で唯一、脳の本能的で原始的な部分と直結していると聞いたことがある。

私がこの街に感じた懐かしさも、本能的な感覚のような気がする。

都会から移住してきた方も多いようだが、似たような感覚を感じた人も居るのかもしれない。

ありがとう、郡上八幡。

どの季節の郡上八幡も味わいたいから、また帰って来るね。

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。