佐渡島旅行記その4:相川へ。尖閣湾揚島遊園の絶景と心を打つお話

揚島遊園からの尖閣湾の眺め

小木から今度は、相川へ移動しました。

相川は、佐渡金山とともに発展した町です。

まずは、海沿いの風景を楽しみながら、尖閣湾へ向かいます。

こちらは、弁慶のはさみ岩。

相川の弁慶の挟み岩

途中の田園風景です。

相川の水田

尖閣湾は、とても美しい名勝地。NHK連続テレビ小説「君の名は」のロケ地だったところだそうです。

尖閣湾を眺める展望台がある揚島公園には、この遊仙橋を渡って行きます。

遊仙橋

遊仙橋がつくられた時のお話がとても心を打ちました。

橋が架けられる以前の昔は、小舟で海を渡っていくしか揚島へ行く方法はなかったそうです。

もちろん、波が高い時には舟を出すことはできませんし、舟を出せる日は、日に何度も往復することになります。

一度に多くの人を渡すことができなかったのです。

そこで、村人が、より多くの人に見てもらいたい、訪ねてきた人にいつでも揚島からの絶景を楽しんでもらいたい、と橋をつくるべく立ち上がりました。

実際に建設を進めていくために、賛同を得たり、役所の協力などを得ていくためにとても時間がかかったそうです。

そして、長年の努力の末、多くの協力を得て、やっと橋が完成した・・・といったようなお話だったと思います。

最初は、たった一人だったこと。

けれど、訪れる人のためにという思いがあったからこそ、時には人の心を打ち、最後には沢山の人の協力を得たこと。

そして、その多くの人の思いが形になったこの橋の上に、いま私が立っていること。

もちろん、お客さんを呼ぶため、といった部分もあったのだと思いますが、それでも感動を覚えました。

もちろん景色も美しかったです。

揚島遊園の展望台からの尖閣湾の眺め

揚島遊園からの尖閣湾の眺め

是非訪れてみてもらいたい場所です。

*尖閣湾揚島遊園の公式ページはこちらからどうぞ。

(つづく)

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。