田口ランディさんの著書で知った岐阜県の水の町・郡上八幡への旅を思い立つ(郡上八幡への旅その1)

郡上八幡、新橋からの眺め

田口ランディさんの著書で郡上八幡を知る

郡上八幡は水と踊りの街として知られる、岐阜県にある街だ。

この街の存在を知ったのは、もう15年くらい前になるだろうか。

田口ランディさんの著書『聖地巡礼』の中で紹介されていたと記憶している。

・・・が、改めて『聖地巡礼』をネットで調べてみると、目次の中にそれらしき項目がないので、もしかしたら別の本かもしれない。

本の詳しい内容はすっかり忘れてしまったが、沢山のカラー写真と共にいくつかの街が紹介されていた。

その中で、郡上八幡について書かれた文章や写真が心に強く残り、

「いつか訪れたい」と思ったことだけを覚えている。

以来、ずっと頭の中にあった地名だった。

時を同じくして、これもまた15年ほど前、屋久島を訪れた。

旅の参考にしようと、屋久島にまつわる本を探していたが、その時も田口ランディさんの著書に行き着いていた。

『癒しの森 ひかりのあめふるしま屋久島』という本だった。

しかし、彼女の著書に出会ったのは、この時が初めてではなかった。

最初の出会いは、さらに遡ること数年、彼女の小説家としてのデビュー作『コンセント』だった。

2000年に出版されている。出版されてから、もう20年が経つことに驚く。

『コンセント』は、恐らくデビューと同時くらいに、書店で購入して読んだと思う。

文章と内容に衝撃を受け、彼女の名前はすっかり私の頭に刻み込まれてしまった。

以来、いくつか著書を読ませていただいている。

『コンセント』の続編となった『アンテナ』『モザイク』も買って読んだことを覚えているし、

その後、手に取ったのが『聖地巡礼』や『癒しの森 ひかりのあめふるしま屋久島』であった。

他にも、『忘れないよ!ヴェトナム』などの旅行記や、エッセイなどもいくつか読ませていただいた。

なぜか、私は彼女から強く影響を受けてしまうのだ。

2006年の屋久島の旅

ちゃんと調べてみたら、屋久島を訪れたのは、2006年だった。

ハイシーズンを過ぎた11月上旬、地元の人にとっては寒い季節のようだったが、

私にとってはまだまだ暖かく、川でカヤックにも乗れたほどだった。

黒味岳にも登り、もののけ姫で有名な白谷雲水峡も訪ね、滝も温泉も楽しみ、大満喫の初一人旅だったことを覚えている。

白谷雲水峡

ただ、そうした観光以上に何か感じるものがあった。

「一年365日のうち366日雨が降る」と言われるほどの降水量、

樹齢数千年の屋久杉、島内の様々な場所にある川や滝、

そして、九州地方の標高上位の山がほぼあるという屋久島。

小さな島でありながら、海沿いの浜と島中心部の山々との高低差が激しい。

島に降り注ぐ雨が、山々の土から染み出して、時に滝となり、川へと流れていく。

海へと流れ出て海水となった水は、また雲となって雨を降らし、この島に水をもたらす。

どこを歩いても、目に見える地表に、あるいは見えない地中に、

豊かな水流と、巡る水の流れを感じて、「島が生きている!」と思った。

自然の恵みが溢れる島だった。

このことを感じられたのは、きっと彼女の著書を読んでいたからだろうと思う。

安房川

今年の年末、郡上八幡へ行こうと思い立った

郡上八幡へ行ってみたいと思った時期は、屋久島を訪れた頃とちょうど重なっている。

あれから10年以上も経つというのに、行きたい気持ちは変わることはなかった。

時折、更新する行きたい場所リストに、「郡上八幡」の地名は残り続けた。

国内なのだし、いつだって行こうと思えば行けたはずなのに、ずっと後回しになっていた。

なぜか、すぐに訪れる気持ちにはならない地だった。

それなのに、不思議と、今年の年末、行ってみようと思い立った。

この感覚は何かに似ていた。

辿っていったら、ふと思い出されたのは、幼い頃のことだった。

日が暮れてから遊んでいると、親から「時計の長い針が6のところになったら、お風呂に入るのよ」などと言われていた情景だ。

遊びながら、どこかで時計の針が気になり、そして針がその時を指すと、「さあ、お風呂の時間だよ」と声がかかる。

時間が来たらすることが、お風呂でも食事でも勉強でも変わらない。

遊びながら、あるいは何か他のことをしながら、頭の片隅では約束の時を忘れていない感覚だ。

時計の針がピタリと約束の時を指した、そんな風にこの旅は決まった感じだった。

きっと、今が約束の時だったのだろう

行くことを決めてから、詳しく調べ始めた。

調べるほどに、郡上八幡は、お盆の時期の郡上おどりが有名で、恐らく訪れるのは夏がオススメなのだろうと思った。

けれど、旅を延期する気にはならなかった。

直感がGO!GO!と言っているのだ。

ここ1〜2年で、私の身の回りでは、何人かの方がこの世を旅立った。

お一人お一人見送る度に、やはり人は確実に死ぬのであり、どんな人にも明日など保証されていないのだ、という実感が強まった。

やりたいことは、生きているうちにやらないと、永遠にできなくなってしまう。

心と身体で、たくさん感じて、たくさん感動するような旅も、この肉体と共に生きているうちにしかできない。

「どんどん行きたい場所に行き、会いたい人に会い、体験してみたいことを体験しなさい」と、彼らにそう言われている気がしたのかもしれない。

後回しにしていたことを実行することへ、ポンと背中を押されたようにも思う。

私の中でいくつもの水流がここで合流し、

まるで、今という時がずっと前から決まっていたかのように、自然な流れの中で郡上八幡行きの旅は決まった。

参考ページ:田口ランディさんの著書『聖地巡礼』『コンセント』『アンテナ』『モザイク』『癒しの森 ひかりのあめふるしま屋久島』『忘れないよ!ヴェトナム』

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。