カフェコキーユに行って来ました(六本木駅徒歩4分)

平日の昼下がり、六本木で、開放感があって、緑が見えるカフェを求めていました。

向かうは、新国立美術館の中にあるカフェ。

美術展を見る予定はないけれど、カフェのみの利用でも大丈夫なのかな?と恐る恐る向かいましたが、まったく問題ありませんでした。

もちろん、美術展を楽しんだ後の利用も良いと思います。

最寄り駅は、六本木駅の他に乃木坂駅があります。

今回は六本木から歩きました。

てくてくと歩いていくと、ほどなくして、美術館の入口が見えてきます。

新国立美術館の入口ゲート

新国立美術館のチケット売り場

外観からして、ガラス張りで、開放感に期待が持てそうです。

新国立美術館の外観

新国立美術館の外観

新国立美術館の外観

新国立美術館の外観

入口を入ってすぐのところには、ソファがあり、ここでゆっくりしている人もいました。

新国立美術館の入口近くのソファ席

そして、少し中に入っていくと、カフェというよりはオープンスペースという感じの場所があります。

新国立美術館の内観

とっても天井が高くて、それだけで、ゆったりと呼吸ができる感じがします。

新国立美術館内のカフェコキーユ

新国立美術館内のカフェコキーユ

カフェラテを買いながら、窓際の席が空くのを待ちました。

すると、そんなに待たないうちに窓際の席が空き、窓から見える緑に時折、目をやりながら、ゆ~っくりと過ごしました。

平日13時頃、席はまばらではありますが、埋まっていて、すごく空いているという感じではありません。

新国立美術館内のカフェコキーユ

けれど、天井がとても高いので、そこまで気にならない感じもありました。

とってもおしゃれなカフェ、というわけではないけれど、いつもとちょっと違う空間で、開放感を感じながら、時間を過ごせます。

くつろいでいる人の姿も、なんだかとっても絵になる空間です。

新国立美術館内のカフェコキーユ

季節が良いときは、テラス席も気持ちいいだろうな~と思いました。

新国立美術館内のカフェコキーユからテラス席へのドア

新国立美術館内のカフェコキーユ

また、天井が高い場所で、ゆっくりと過ごしたくなったら訪れたいと思います。

参考ページ:カフェ コキーユの食べログ

The following two tabs change content below.
花芽 英莉(かが えり)

花芽 英莉(かが えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。