終わりゆく晩夏、そして秋の足音が微かに聞こえてきます

7月もあと1週間で終わります。

夏真っ盛りで暑い日々が続いていますが、朝晩は少し過ごしやすくなっています。

どうも少しずつ秋の足音が聞こえているような気がするのです。

立秋まであと2週間ほど。

去年は、立秋の日に、秋の気配を強く感じました。

今年は、立秋の少し前からなんだか秋の気配をうっすらと感じます。

子どもの頃は、8月なんて真夏、9月もまだまだ夏!という感覚でした。

大人になって、季節の移ろいに敏感になっているような気がします。

自分の感覚に意識を向けていることが多いことも勿論ありますが、ある意味での「営み」と呼べるものへの慈しみの気持ちが増しているような気がします。

そんな秋の足音を微かに聞きながらも、まだまだ夏を楽しみたい。

終わりゆく晩夏を味わいたいと思います。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。