ほぼ日手帳にちょっと絵を描くと楽しくなる

子供の頃から、図画や美術の成績は悪いし、絵を描くことはどちらかというと不得意です。

けれど、いつしか下手でも楽しければいいや、とノートの端っこや、本の隅に絵を描くようになりました。

以前であれば、そんなこと考えもしませんでした。

でも、読んだ内容や学んだことに関する絵をちょこっと描いておくと、あとで見返したときに、ぱっと分かるのです。

字は読む必要がありますが、絵はぱっと見るだけですしね。

この秋からほぼ日手帳カズンを使い始めています。

手帳を決めた経緯はこちらから。
→ 来年の手帳を、ほぼ日手帳カズンとフランクリンプランナーで検討中です(2017/11/7)
→ 2018年の手帳は、ほぼ日手帳カズンavecに決定!決め手と気になる点を挙げてみました(2017/11/17)

ほぼ日手帳カズンは、毎日A5サイズ一枚分書けるスペースもあり、結構余裕があります。

どんなことを書くか試行錯誤しているうちに、ページの隅っこに、その日の出来事で印象に残ったことを絵で描くようになりました。

あとで、見返すと、なんだか微笑ましく思い出せます。

写真とはまた一味違います。

手書きならではの温もりも感じます。

楽しいので続けていますが、いつまで続けるかは分かりません。

手帳に何を書くかって、決まりはないし、自由です。

字を書くのもいいですが、たまには絵を描いてみるのもいいかもしれません。

下手でも、見るのは自分だけですし、自分が楽しければいいですしね。笑

The following two tabs change content below.
花芽 英莉(かが えり)

花芽 英莉(かが えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。