ほぼ日手帳にちょっと絵を描くと楽しくなる

子供の頃から、図画や美術の成績は悪いし、絵を描くことはどちらかというと不得意です。

けれど、いつしか下手でも楽しければいいや、とノートの端っこや、本の隅に絵を描くようになりました。

以前であれば、そんなこと考えもしませんでした。

でも、読んだ内容や学んだことに関する絵をちょこっと描いておくと、あとで見返したときに、ぱっと分かるのです。

字は読む必要がありますが、絵はぱっと見るだけですしね。

この秋からほぼ日手帳カズンを使い始めています。

手帳を決めた経緯はこちらから。
→ 来年の手帳を、ほぼ日手帳カズンとフランクリンプランナーで検討中です(2017/11/7)
→ 2018年の手帳は、ほぼ日手帳カズンavecに決定!決め手と気になる点を挙げてみました(2017/11/17)

ほぼ日手帳カズンは、毎日A5サイズ一枚分書けるスペースもあり、結構余裕があります。

どんなことを書くか試行錯誤しているうちに、ページの隅っこに、その日の出来事で印象に残ったことを絵で描くようになりました。

あとで、見返すと、なんだか微笑ましく思い出せます。

写真とはまた一味違います。

手書きならではの温もりも感じます。

楽しいので続けていますが、いつまで続けるかは分かりません。

手帳に何を書くかって、決まりはないし、自由です。

字を書くのもいいですが、たまには絵を描いてみるのもいいかもしれません。

下手でも、見るのは自分だけですし、自分が楽しければいいですしね。笑

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。