卒業は始まり

春から受講していた、カウンセリング・セラピーの講座を修了しました。

半年以上に渡る、長くて深い学びの旅。

そして、机上の学びではなく、様々なワークと体験を通して自分ととことん向き合う時間でした。

振り返ってみれば、自分と、人と、世界とつながり直した時間でした。

卒業は1つの終わりの印。

けれど、それは新しい始まりの時でもあります。

人生はいつもそう。

正反対のものが同時に存在しているもの。

生は死の始まりであり、出会いは別れを含んでいます。

そして、卒業は始まりの時。

学んだこと、気づいたこと、成長したことを、外へ向けて還元していくそのスタートライン。

少しドキドキしますが、自分らしく一歩一歩進んでいきます。

いまはまだ卒業の余韻の中にいますが、心の中に充満するこの余韻が少しずつ落ち着いたら、動き出します。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。