2018年の手帳は、ほぼ日手帳カズンavecに決定!決め手と気になる点を挙げてみました

ほぼ日手帳カズン

以前書いた記事で、それまで使っていたフランクリンプランナーとこれから使おうか検討しているほぼ日手帳カズンを比較して検討中でした。

その後、ほぼ日手帳の2017年のものを試しに使っていました。

段々と心が傾き、来年は、ほぼ日手帳カズンavec(半年ごとに分冊)に決めました。

改めて決めた理由などをまとめてみたいと思います。

決め手となったポイント

以下が決め手となったポイントです。

  • マンスリー、ウィークリー、デイリーのページが全てある
  • ウィークリーページがバーチカルで、しかも6時~24時で長くて嬉しい
    →ウィークリーページで、週の予定を俯瞰したいのです
  • 一日分のページの紙面が広い
    →毎日何かしら書けるページが欲しい
  • 一枚一枚の紙が薄いお蔭で、厚みがあまりない
    →毎日持ち歩くものなので、なるべく薄くて軽いものがいい
  • 月の満ち欠け表示が嬉しい
    →月の満ち欠けは、体調を意識するとき何となく気になります

こうして書くことで自分に欲しい情報、機能がクリアに感じられます。

解決していない気になる点

ただ、やはり解決していないちょっと気になる点もあります。

  • ウィークリーとデイリーが離れているので、少し見にくい
  • 月毎のガントチャートがあると嬉しい
  • カバーが重そうで決めかねている

気になる点については、今後使いながら色々と考えていきたいと思います。

カバーについては、以下の点を満たすものを探し中です。

  • しおりが2本ある
  • ペンが一緒に持ち歩けるもの
  • 軽くてシンプル、かさばらないもの、軽いもの

納得いくものに巡り合えたらいいなぁ、と思います。

今回のことで感じたこと

たかが手帳、されど手帳。

手帳のスタイルで、思考も変わります。

1年間使ってみて、自分がどう感じるか、自分にどんな変化が起こるか楽しみです。

また、手帳は1年間という期間、一緒に過ごすので、ちょっとした不満・不快も解決できると、より楽しく過ごせるなぁ、と思います。

残すはカバー探しとなりましたが、気に入るものが見つかることを願って、探したいと思います。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。