運動の習慣づくりを始めて試していることと感じていること、気持ちを後押ししてくれたNHKの番組

運動の習慣を色々と試しながら、続けています。

現時点での気づきと思っていることを書きたいと思います。

日々実行していること

以前書いた、エレベーターでなく階段を使う、のも気づいた時に実行しています。

この行動は、実はなかなか難しいです。

何が難しいかというと、何か考えていたり、あるいはボーっと歩いていると、ふと気が付くとエレベーターに乗っていたりするのです。

あとから、あっ!しまった!と思うのですが、気づけばまだ良い方で気づかないことすらあるのです。

繰り返すことで、意識しなくても階段をのぼるようになることを楽しみに、続けていきたいと思います。

更に試しているのが、ラジオ体操、一日一回腕立て伏せ、一日一回腹筋です。

できたりできなかったりですが、かなり小さな行動なので、実行しやすいです。

こちらも続けていきます。

続ける気持ちを後押ししてくれたNHKの番組

そして、続けようという気持ちを後押しするものに、先日見たNHKのテレビ番組「NHKスペシャル シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 第2集驚きのパワー!“脂肪と筋肉”が命を守る」という番組の内容がありました。

この番組では、これまでの脳がすべての司令塔というイメージを刷新する最新の発見が紹介されています。

脳を介在しなくても、臓器同士が互いにメッセージを伝えるための「メッセージ物質」と呼ばれるものを発して、お互いに会話をしながら、それぞれの働きを変えているらしいのです。

そして、筋肉や脂肪も臓器であり、脳やその他の臓器にメッセージ物質を送っています。

脂肪からメッセージ物質が発せられることで、食欲を抑えることができる。

また、運動で筋肉を動かすことで、筋肉からメッセージ物質が出され、身体の状態を正常に保つことができる。

ある程度の脂肪があることも大事であると同時に、運動で筋肉を動かすことが、体の状態を正常に保ったり、病気から守ってくれたり、時に記憶力を向上させる可能性があるということでした。

これは、運動への意識づけをより強くしてくれた情報でした。

続けてみて感じていること

いつもより多く体を動かしたり、筋トレをすることで、ちょっとした筋肉痛を感じています。

これが、何より気持ち良いです。

この感覚自体も気持ち良いですし、気分的にもとても清々しくいい気分でいられます。

だから、益々続けたい気持ちになっています。

ただ、自分に厳しくすると続かないと思うので、ちょっとずつできることを続けて習慣にしていきたいと思います。

参考ページ:NHKスペシャル「人体」驚きのパワー!“脂肪と筋肉”が命を守る

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。