年明けにインフルエンザにかかり、部屋を大断捨離した 未来の自分を含んだ今の自分を感じた

冬の空

20年ぶりにインフルエンザにかかる

年末年始に時間をとって自分を見つめ直していた。

年明けも機会をいただき自分の内側を見る旅へと出ていた。

その全てが、どどっと変化することを促しているのか、インフルエンザにかかった。

インフルエンザにかかるなんて、もう20年ぶりくらいかもしれない。

自分でも驚いたが、身体が生まれ変わろうとしていたのだと思う。

病院に行って知ったが、インフルエンザはかかると、感染を防ぐために5日間外出禁止となる。

きっと、常識のようなことなのかもしれないけれど、何も知らなかった私はその期間の長さにまず驚いた。

5日間も出れないなんて・・・。

それでもこなさないといけない仕事はあり、自宅でできることをしていた。

5日間の外出禁止。部屋を猛烈に片付けたくなる

それにしても、普段、そんなに長い時間家にいることはない。

少し体調が落ち着いてくると、必然な思いなのか、猛烈に部屋を片付けたくなった。

部屋の中にあった物たちが、もう今の自分には合わないことを、気持ち悪さに似た体感で強く感じる。

その物たちや、部屋に流れるエネルギーを感じていると、「うわー!」「あ゛ーー!」と意味をなさない叫びが、身体の内側から押し上げてくる。

発狂しそうなくらい気持ち悪い感覚になるのだ。

部屋は心を映し出す鏡だと言うけれど、それは本当だと思う。

野尻湖に映りこむ山々

数年ぶりの大断捨離を開始!

部屋の大断捨離の開始である。

いまとなっては、なぜとっておいたのか分からない品々を手に取り、どんどん捨てた。

自分の内側が変わると、その内側に合わせて外側も変えたくなる。

もしも外に出掛ける日々が続いていたら、そこまで強くは感じなかったかもしれない。

けれど、インフルエンザのお蔭で、ここ数年間で久しぶりの大規模の断捨離ができた。

捨てる行為は、自分の輪郭をはっきりさせ、今の自分を浮き彫りにする行為でもあると思う。

あぁ、もうあの時の私とは違うんだな。

これが必要な私ではなくなったんだな。

ただ放置していただけで、随分と前から私は変わり始めていたんだな。

自分の変化のプロセスを確認しながら、今の自分をどんどん感じていく。

木と太陽

捨てることで浮き彫りになる「今」と「未来」の自分、生まれ変わり期間の集大成

今の自分は未来の自分を含んでいると思う。

今の自分こそが、未来を創り出す自分であるから。

だから、今の自分だけでなく未来の自分を感じる時間でもあった。

限られた時間の中で、猛烈に断捨離を進め、部屋がかなりスッキリした。

終わってみて部屋を見渡すと、不思議なことに、手をつけられなかった箇所に、過去の自分がほんの少しだけいることを感じる。

「今」と「未来」のエネルギーが充満した部屋になると、今度は過去のエネルギーが浮き彫りになる。

そのほんの少しの過去のエネルギーが残った部分は、これからの時間で断捨離をしていくつもりだ。

変化はいつも内側の見えないところから始まり、外側の見える部分へと現れてくる。

去年から始まって続いている、生まれ変わりの期間が、そろそろ集大成へと向かっているように思う。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。