『星野道夫物語-アラスカの呼び声』心の旅を追うノンフィクション:読書記録

『星野道夫物語』の表紙画像

一気に読みました。

読み終えて強く思ったことがあります。

それは、写真は、その人の人生や生き方を映し出すものなんだ、ということ。

彼の写真や言葉がなぜ心を打つのか。

それは彼の生き方、在り方、考え方が心を打つものだから。

そういうことなんだ・・・と、お腹の辺りで深く理解した感じです。

星野道夫氏にとって写真や作品や言葉であったそれは、他の人にとっては違うものとなる。

でも、人が生み出すものは、全てそうなのだろうと思いました。

更に言うなれば、彼もアラスカや大自然に心打たれていたからこそ、生き方、在り方、考え方が人の心を打つものとなっていったのかもしれない。

この本の中には、星野道夫氏のアラスカとの出会い、アラスカに惹かれていく様子、現地や日本時代からの友人との深い交流、写真家人生への道がどう切り開かれていったか、など沢山のエピソードを交えて語られています。

ですから、読む人によって、本当に様々な感想を持つことになるだろうと思います。

私には、星野道夫氏の純粋さ、そして、純粋であるからこその深さが伝わってきました。

また、冒頭に書いたことを感じて、星野道夫氏の写真と、写真に添えられた言葉に惹かれる理由が分かった気がしました。

とても読みやすい本ですので、星野道夫氏の若き日々や、写真家人生を送るようになる道のりなどを知りたい方にお勧めします。

参考ページ:『星野道夫物語』のamazonページ

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。