森に学ぶ、人の可能性

木々の合間から射し込む太陽の光

先日参加したイベントの主催者の方のお話で、感動することがありました。

皮むき間伐をする意味のお話が、人の心の成長とも深い関連があったのです。

皮むき間伐をすると何が起こるか。

間伐することで、木が減り、これまで暗かった森に光が入ってくるようになります。

すると、そこからは、人間が何もしなくても、既に地面にあるたくさんの植物の種から草木が育ち、森は自然に蘇るのだと、話してくれました。

新しく種を蒔かなくてもいいし、既に沢山の種がそこら中にあること。そして、その種は光を待っていること。

人間の心も同じなんじゃないかと思いました。

心の旅路は、いままで足を踏み入れなかったところへ、光をあてていきます。

そこは時に、暗く、おどろおどろしく思えるところ。怖さもあります。

でも、同じ場所に、その人がより輝いていくための種が既にあって、同時にこの種にも光をあてていくことになります。

光さえ入れば森は蘇る。

心も、少し勇気を出して、光を入れていくことで、本来の姿を取り戻す。

太陽の日差しと花

森も人も、この星からできていて、同じ道を辿ってイキイキと蘇るんだな、となんだか感慨深くもありました。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。