人は何からできている?

久高島の紫色の貝殻

大学時代、先生から問いかけられました。

「人は何からできていると思う?」

その場にいたみんなで、何だろう?と考えました。

「血液と骨と筋肉と・・・」

「タンパク質と、脂肪と・・・」

「DNA?」

考えたことのないようなことで、えー!何だろう?と皆で話して、色んな意見が出ました。

先生の答えはこうでした。

「人は星からできているんですよ」

私「!!!」

そんな風に考えたこともありませんでした。

星、から・・・??

考えたこともないことに出会うと、未知の世界からの風が吹いて、時が止まったような感覚になります。

その時は、先生の言葉の意味の、ほんの上澄みだけ掬った程度の理解だったと思います。

今もどこまで理解できているか分かりませんが、時折思い出す言葉です。

そして、ついこの間も歩いていてふと思い出して、人だけでなく、この地球上全てのものも、この星からできているってことだよな。なんて思いました。

そう思うと、植物や動物など全てルーツは同じなわけで、ただ歩きながら木々を見ているだけで、木々との一体感を感じました。

ずっと、心の中に残り続ける言葉って、そう多くはありませんが、この言葉は私の心に残り続ける言葉の一つです。

「人は星からできている」。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。