朝寝坊。頭の声vs心と身体の声

昼寝をする猫

この間、朝早く起きて行きたいところがあった。でも、目が覚めたら体が重くてやめてみました。そこから二度寝をして朝寝坊。

心と身体の声が聞けていなかった頃は、「でも決めているから」「今日行かないと、また予定調整しないといけないから」みたいに、頭の声が勝って、身体の声を無視して出掛けていました。

もともと割と丈夫な方ではあるけれど、頭痛があったり、たまには風邪も引いていました。でも、今ではほとんど風邪を引くことがありません。

それは、やっぱり心と身体の声を聞けるようになったからだと思います。

心の声と身体の声は、時々重なることもあるし、そうでなくてもすごく近いところにある。でも、頭の声は、少し離れてる。

心を見つめ、向き合うことは、健康にも大きな関係がある。

もし、病気がちだったり、身体の不調を感じやすい場合は、ちょっと頭の声は置いておいて、心と体の声に耳を傾ける時間を持ってみるといいと思います。

もし、どこから始めたらいいか分からない場合は、五感に意識を向けてみることから始めるのがオススメです。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。