150記事を書いてみての変化と今後に向けて

4月に開設してから、コツコツ投稿。

昨日の投稿が150記事目でした。

開設当初は、ここまでコツコツ書き続けられると思っていませんでしたので、自分でも驚いています。

3か月経ったときに一度振り返り記事を書きましたが、今回のタイミングでも、ここまでの変化や気づきを振り返ってみたいと思います。

  • 書き始めた頃は、何を書こうか悩むこともあったが、いまはだいぶ気楽に書けるようになった。
  • 最初のうちは、「何か意味あるものを書かなくては!」「ちゃんと頭の中でまとまったことを書かなくては!」と肩に力が入っていたように思う。けれど、今は浮かんできたことを気負わず書けるようになっている。
  • ここまで続けてこれたことで、書きたいことが浮かんでくることを信頼できるようになった気がしている。
  • 自分の経験、体験が集約されているので、知人・友人に教えてあげたい情報があった時、このブログ内のリンクを送ってあげようと思ったりする。きっと、説明するより速い気がする。
  • とにかく写真を撮るようになった。
  • 旅やカフェなどは、頭のどこかで後でブログに書こうと思っているので、よく観察するようになった。また、この場所に来たことが無い人にどう説明したら分かりやすいか自然と考えている。

こんなところでしょうか。

そして、ここまで続けてきたからこそ、もっとこうしたい、という思いもあります。そんな思いも書いてみたいと思います。

  • もっと、色んな風合い、色んな角度などバリエーションのある素敵な写真を撮れるようになりたい。
  • 時間がない中で記事を書いているので、時間がかかると予想できる記事はあまり書けないでいる。そういった、時間がかかりそうな記事についても書いていきたい。
  • ブログの外観を関連記事を見つけやすくできるようにしたり、全体として読みやすい感じのものに変更したい。

他にもありそうですが、今のところではこんな感じです。

続けたからこそ分かったこと、起きた変化があります。

そして、続けたからこそ出てきた欲もあります。

全てが書き始めた当初には予想していなかったことでした。

このスパイラルが続いていくことで、見える世界が変わってくるのかな、とこれからが更に楽しみになりました。

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。