育てているクローバーが教えてくれたこと

この春から部屋に花を飾っています。

以前、花を飾り始めての変化についても書きました。

花に加えて、いただきもののクローバーも、種を植えてみました。

種と土などがセットになった、とても小さな栽培キットです。

このクローバーが、先日、窓際でヘナヘナとしていたことに気がつきました。

ハッ!とした私は、すぐに手に取り、水がないことを確認。

そして、水をあげました。

一息ついたあとに、あー、最近、私忙しかったんだな。。と改めて気づきました。

ヘナヘナになったクローバーに、自分の心の状態を教えてもらいました。

暑くなってきたので、これまでと比べて早く水がなくなる、ということもあると思います。

とはいえ、余裕があればチェックして、水をあげていただろうな、とも思うのです。

そういう意味では、やっぱりちょっと心の余裕がなくなっていたのです。

部屋の散らかり具合も、心に余裕がなくなるサインではありますが、そこまでハッとはしないのです。

でも、植物はハッとする形で教えてくれました。

植物も動物も人間も、いのち。

心に余裕がない時、植物だけでなく、身の回りの他のいのちにも心が配れなくなってはいないだろうか。

そんなことを教えてもらいました。

ちなみに、後日、クローバーは少しずつ元気を取り戻していったので安心しました。

あそこまでヘナヘナになっていたのに!と、いのちの力強さにも感動した出来事でした。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。