運動習慣を再開して、生と死は、動と静なのかもしれないと思った

体調を崩して運動どころではなかった1月。

近頃ようやく、体が動くようになって来たので、階段を使う習慣を再開しました。

それに加えて、調子の良い日は、一駅分歩くなどウォーキングも開始。

数日経ちましたが、体が温まってきてるように感じます。

単に気温が上がってきてるのかもしれませんが。笑

しばらく忘れていた、体を動かした時の体の感覚が気持ち良いです。

知り合いが以前、「年をとると動かなくなる」と言っていて、真理をついているようでドキッとしたのを覚えています。

生と死は、動と静ということなのかもしれない。

死や老いに抗うわけではないけれど、この生が、この命が望む「動」をもっと求めていきたい。

記事の書き始めは、運動習慣のことだけ書くつもりでしたが、なんだかちょっと深くなりました。

運動習慣も突き詰めると、いのちを輝かせるということにつながるのかもしれません。

そんな風に思いました。

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。