愛の学びは痛みを避けては通れない:14期LPL養成講座第5講2日目の朝

中野サンプラザからの風景

おはよう、東京。

今日はアシスタントスタッフとして

入らせていただいているLPL養成講座2日目。

講師・明美ちゃんのご著書『私に帰る旅』について、

先日書いたブログに、

心に残った文章を抜き書きした。

私たちの心は不意打ちにとても弱い。
人の心はそんなにも傷つきやすいのに、
痛みには予告がないのだ。

生きてゆく中で、
人は幾度もこの突然の痛み、
傷を経験しているから、
自分を守るために鎧を着る。

二度とこんなに悲しい思いをしたくないから、
二度とこんな痛みは感じたくないから。

鎧を一枚一枚重ねるごとに、
人は臆病になっていく。

でも、どんなに用心深くなっても、
人は、人との関わりなしに
生きていくことはできないのだから、
突然の傷から人は永遠に逃れられないのだ。

無傷で生きていくことができないのなら、
せめて上等な傷を負いたい。

その傷が、自分を成長させ、
人生をより深く生きていくために必要だったと
後で思えるような傷・・・・。

どんな人も傷だらけの天使なのだと思う。

けれど、

この世のどんなものにも意味があるのなら、

その傷こそが、

私たちを連れて行ってくれる場所がある。

その傷こそが、

私たちを教え育ててくれる。

ハートと愛の学びは、

痛みを避けては通れないんだね。

第5講、ハートチャクラ。

今日も私が私でいるチャレンジ。

個人セッションのご案内

個人セッションを行っています。

◆こんな方に

  • 自分のやりたいことが分からない
  • 今の人生や仕事に充実感を感じられない
  • 自分はこの仕事をするために生まれた、と思える仕事をしたい
  • 自分を責めてしまう
  • 自分のことを好きになれない
  • 周りの人が自分を責めているように感じる
  • 自己表現や自己主張ができない
  • 自分の気持ちが相手に伝わらない、理解してもらえない
  • 自分を知りたい
  • 自分の気持ちを整理したい
  • 自分らしい人生を生きたい
  • コーチングを受けたことがあるけれど、スッキリしない、うまくいかない
  • 自分で自分を見つめ、セルフカウンセリングができるようになりたい

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

わたなべ えり

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。