オンライン傾聴セッションを提供していての気づき

花と蝶々

2020年5月から、60分オンライン傾聴セッションを始めている。

今のような状況下で外出がなかなかできない時でも、

オンライン会議システムのお蔭で、こうしてセッションができる。

もちろん、これまでもオンラインビデオ通話を使ったセッションをされてきた方もいると思うが、

ここまで、オンラインでのセッションが受け入れられることは、これまで無かったことなんじゃないかと思う。

あるいは、電話でのセッションも存在した。

そうしてきたカウンセラーさんも多いと思う。

けれど、画面でお相手の方と、顔を見ながら話せる、というのは、大きく違うのだろうと感じる。

そんなことを思いながら、傾聴セッションを続けている。

ただ、続けている中での違和感と、もっとこうしたい、という思いも湧き上がっている。

オンラインでの傾聴セッションの良さは、手軽さと、不安の軽減だ。

これはクライアントの方の感想を聞いていて思った。

カウンセリングを受けることは、

怖いことに思えたり、何をされるのか分からなかったり、

病気の人が対象のもの、という印象を持っている人は少なくないと思う。

けれど、オンライン傾聴セッションは、自宅に居て受けられるし、

閉じられた空間でカウンセラーと二人きりになる、ということもない。

セッションを受ける側としても安心を感じながら、受けることができるのだ。

それはとても良い点だな、と感じた。

けれど、一方で、初めてこうしたカウンセリングを受ける、という方から、

終了後に「この後はどうしたらいいのですか?」という質問をいただいた。

単発で終わるセッションは、その後についてのフォローアップがしにくい。

また、初めてカウンセリングを受ける、という方に向けて、私が60分でできることにも限界を感じた。

だから、今後は、対面の120分のセッションもやっていこうと思っている。

世の中の情勢的にも、そろそろ対面でのセッションも可能なことを感じるので、対面でのセッションもやっていきたい。

そして、もう少し先にやれたらいいな、と思うことは、長期講座だ。

やはり、セッションでその都度気づきを得るだけでなく、

心についての学びもしながら、知的にも体感的にも理解を深めていくことが、

結果的には持続する変化を起こすことができると、自分の体験を振り返っても強く思うからだ。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。