カウンセラー/セラピストとしての活動を始めています

今年に入ってから、少しずつカウンセラー/セラピストとしての活動を始めています。

2月、3月は感覚や感情を感じていく講座をモニター開催。

5月からは、個人セッションを開始。

人は前に進みたいけれど進めない時、自分の内側で起きているもつれを一つ一つ解き、手放していく必要がある。

なぜかいつもこうなってしまう、同じパターンを繰り返してしまう、、、

私たちの人生に、何らかの不都合な形で現れてくること。

その根っことなるもつれは、頭では理解できないことが多い。

心という広大な宇宙、身体という深い叡智の中に、その鍵は眠っている。

ひとたび足を踏み入れたなら、そこは灯りのない洞窟のようで、一人では右も左も分からず立ち尽くしてしまう。

カウンセラー/セラピストは、水先案内人であり、伴走者だと思う。

宇宙

その「心という深い海」に一緒にダイブして、

違和感や、何か身体にサインとして表れていること、

向き合うのを避けてきたこと、

よく分からないけど辛いこと、苦しいこと、

うまくいっているようで全然うまくいっていないこと、

頭では分かったつもり・終わったつもりにしていたこと、

そこまで心にダメージがあると思っていないけど引っかかっていること、

などなどを、一つ一つ丁寧に感じていく。

すると、その奥に眠る本当の自分の気持ちに気づいていく。

奥深くに静かに存在する、柔らかで純粋な感性に触れていく。

その感性に触れると、真実の願いや思いが溢れてくる。

その真実こそが、新しい人生の杖となる。

洞窟から見上げた外の風景

心の奥の、真実が眠る地点へと向かう道のりを、一緒に旅をすることがカウンセリングであり、セラピーなのだろう。

抑圧してきた感情を感じることも、そのひとつ。

先日、セッションを受けてくれたあらいかずこさんが、気づきをブログに書いてくれました。
【宇宙まで届きそうな、マグマのような「バカヤロー!!!!!」】

かずこさんは、ご自身もカウンセラーをされていることもあり、素晴らしい言語化力により表現されています。

感じることを怖れていた感情も、しっかり感じ切ることで、その奥で本当は何を感じていたかが分かる。

その「本当」が、自分本来のパワーへとつながっていく。

そのことを改めて感じさせていただいたセッションでした。

かずこさんのこれからが楽しみです。

そして、セッションはパワフルだなー!と改めて思いました。

これから、少しずつカウンセラー/セラピストとしての活動も発信していこうと思います。

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。