色とりどりに咲き誇る花が、季節といのちの巡りを教えてくれる ブログ開設2年が経ちました

春の色とりどりの花

桜に、春の思い出の余韻を感じる

ここのところの追われる毎日に一段落がつき、外をゆっくりと散歩した。

八重桜の時期になっていた。

八重桜

八重桜のボリュームある花たちを楽しみながら、

ソメイヨシノの木の下に落ちた花びらにも目が行く。

桜の種類は本当に沢山あるけれど、

ソメイヨシノには、やはりこの季節独特の思い出や、出来事を思い出させる何かがある。

子どもの頃から、どの春も見守られてきたからかもしれない。

地面に落ちた花びらを見ながら、思い出の余韻たちが身体に呼び起こされる。

春の色とりどりの花に元気をもらう

公園へと行ってみると、今度は色とりどりの花々。

春の色とりどりの花たち

気持ちがパッと明るくなる。

花の力は不思議だ。

時に人を慰め、時に人を癒し、時に人を元気にする。

この季節は、桜をはじめとした柔らかい色の花に癒され、

同時に、色とりどりの咲き誇る花たちの生命力から、

これから始まる夏を感じて、元気をもらうような気がする。

寒い冬を越した種たちが、人知れず芽吹き、天に向かって美しく咲く姿。

その姿は、季節が巡っていくことと、いのちの季節が巡ることを感じさせてくれる。

ブログ開設から2年、自分のこれまでの変化を感じ、未来の自分を感じた

ふと、このブログを開設したのも、この春の時期だったことを思い出す。

そう気づいて、最初の記事の日付を見てみたら、2年前の今日だった。

2年という時は、振り返ってみれば、あっという間だった。

けれど、自分に起きた変化は大きい。

変化というよりも、自分という人間の進化であり、深化だと感じる。

花で言うならば、地中に根をのばしていった2年だったと思う。

いま、既に咲いている私という花。

その花がもっと力強く、もっと私らしく、もっと余分なものが削ぎ落とされた花になっていく未来を感じた。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。