人の持つ魂の質と音色が、心に深く刻まれる時

お線香をあげに、亡くなった知人のお宅へ伺った。

もうこの世から旅立った故人の、一度も伺ったことのないお宅へとお邪魔するのは、

考えてみると不思議な状況である。

ご家族の方ともこれまでお会いしたことはない。

初対面の人同士が、自宅というとてもプライベートな空間で、その間をつなぐ人の存在なしに会う。

亡くなっているからこそ受け入れられているこの状況は、通常時の感覚で振り返ると、少し奇妙に感じられる。

けれど、故人とつながっていたという共通点が、間を取り持つ。

亡くなってしまったら、本当はいつでもそこにいて、お墓にも自宅にも行かなくても、会えるのかもしれない。

けれど、どこへも向けることのできない悼む気持ちや悲しみを、

お互いに慰め合うその時間を、

人間は自然と求めてしまうものなのかもしれない。

最期の時をどう過ごしていたのか、何を思っていたのか、苦しんだのか苦しまなかったのか・・・。

ご家族しか知り得ないお話を、失礼のないようにお聞きする。

あぁ、、あの方らしいね。

あぁ、、最期まで・・・。

亡くなるまでの最後の様子は、本当は知らなくてもいいことだけれど、なぜ知りたくなるのだろう。

故人との交わせなかった会話を、果たせなかった再会を、

様子を聞かせてもらうことを通して、しているのかもしれない。

生前お世話になったことや、いただいた有形無形のものを思い浮かべ、ご家族の方にお伝えする。

そうすることで、故人へと伝えられているような気持ちになるのかもしれない。

ひとしきり話をし終えて、お宅を後にすると、故人のエネルギーの質や音色が、心と体に鮮明に蘇ってくる。

人は一人一人異なる、魂の質と音色を持っている。

そして、それは亡くなった後に、その純粋な核となる部分が周囲の人に刻まれるのかもしれない。

The following two tabs change content below.
花芽 英莉(かが えり)

花芽 英莉(かが えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。