花を飾る生活を再開したら、やっぱり心が喜んでいる

今年の春に、部屋に花を飾る生活を始めていました

花を飾ることで、物理的にも精神的にも良い影響を感じていました。

花が部屋と心を、すっきりキレイに、あるいは、ほっと安らげるそんな風にしてくれていました。

ところが、夏に向けて、どんどん気温が上がり、飾った花がすぐに悪くなるということが続きました。

部屋に花を飾る初心者としては、どうしたら良いか分からず、困ってしまいました。

花の選び方や、世話の仕方、飾る場所によっては長持ちしたと思います。

そして、潔くこれは来年以降の課題ということにして、暑い間は花を飾ることをやめていたのです。

けれど、秋になり、冬が近づき、もう大丈夫かなと思い、また花を飾ることを再開しました。

すると、やはりとても気分が良いです。

ふと目がいった時に、心がほっとしたり、水を替えながら楽しい気分になったり。

花の周りは片付けるようにしたり。

花のある生活をまた楽しみたいと思います。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。