カフェでの過ごし方と選ぶ基準を振り返ってみました

先日もカフェに行きましたが、気づけば、よくカフェに行っています。

人によって、カフェでの過ごし方や、好きなカフェのポイントは違うと思いますが、自分の場合はどうかな?と考えてみました。

カフェでの過ごし方

私の場合、カフェでは、こんな風に過ごしています。

  • 本を読む
  • ノートに色々書き出す
  • スケジュールのチェックやプランニング
  • ちょっと調べものをする
  • パソコンやスマホを使った作業をする
  • ぼーっとする

つまり、まとめると下記のような感じになります。

  • 一人で集中して何かをする
  • 日常から離れて、思考を広げるorまとめる
  • 心と体を少しリラックスさせる

自分的な心地良く過ごせるカフェのポイント

上記のような過ごし方をしているので、そんな過ごし方が物理的に可能で、尚且つ心地良くできそうなカフェを自然と選んでいます。

私にとって、そんな風に心地良く過ごせるためのポイントは何だろう?と探ってみたら、いくつかのポイントが浮かび上がってきました。

いまのところ、こんな感じです。

  • 隣の方とある程度距離があるか、ほどよく空いている(曜日や時間帯で調節する場合もアリ)
  • テーブルが広め
  • 天井が高め
  • 開放感を感じる
  • 大きな窓がある
  • 自然を感じられるとなおよし(緑が見える、川が見えるなど)
  • 空気がこもってなくて、流れている感じ
  • あまりうるさくない(耳栓で調節する場合もあり)
  • 禁煙必須

これらの条件により多く当てはまると、二度目以降も訪れる可能性が出てきたり、何度も通うようになります。

こうして、改めてまとめてみると、スッキリします。笑

このブログで紹介するカフェは、そんなカフェになりそうです。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。