2018年、1年間のブログ更新を振り返っての気づき

このブログは2017年4月からスタートし、2018年は2年目にあたる。

2017年は、とにかく1日1記事更新しようと決めて、どんな記事でもとにかく書いて更新してきた。

私の好みに反することではあったけど、

ブログを更新することにも慣れたかったので、まずは行動を優先した。

そして、2018年に入ってから、

そのやり方に感じていた違和感が少しずつ大きくなり、

やがて1日1記事更新は止まった。

秋のもみじ

日々の様々な体験、情報を記事にすることはできるけれど、

そういう記事が書きたい訳じゃない自分がそこにはいた。

気づけば、更新頻度は落ち、

1ヶ月に1記事更新することが精一杯の時もあった。

今思い返してみれば、その期間は、

ブログの、つまり私の、

生まれ変わりの期間であり、進化の期間だったように思う。

書きたくない自分の気持ちも大切にしながら、静かに過ごしていた。

静かにしていると、本当に僅かな回数ではあったが、

ふと書きたいことが、鍋底から上がる水泡のように、心の中に浮かんできた。

その瞬間だけを頼りに記事を書いた一年だったと思う。

例えば、こんな記事たちである。

ミヤマキンバイ

2018年も年末になり、

今年一年間で書いた記事たちを改めて見返してみて気づいた。

私が書きたいことは、

心に深く触れること、

それによって気づいたこと、

あるいは考察したこと、

などなのではないか、ということ。

書くことは、自分を見つめることであり、自分と向き合うこと。

自分の足跡が残るブログは、

自分がどんな人間なのか見せてくれ、

何をしたい人間なのかを教えてくれる。

2019年は、これまでをベースにして、もっと自分らしく、そして自分らしい記事を書いていきたいと思う。

The following two tabs change content below.
花芽 英莉(かが えり)

花芽 英莉(かが えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。