受け止めてもらうこと、それは自分自身という家に帰ってくること

駒ヶ根の白い花

思い返したら、山や自然に沢山受け止めてもらっていた。

立ち止まって悩んで、一人で苦しんでいた頃、

毎週のように山に行っていた。

自然の中へ入って行った。

山頂から見渡す向かいの山

山は、いつも私を受け入れてくれた。

自然は、どんな私も受け止めてくれた。

悩んでぐるぐるしている私。

ちっぽけな私。

ダメな私。

落ち込んでる私。

うまくいかず、自分を責めている私。

生きている意味が分からない私。

そんな私なのに、人を応援し、サポートしていることに自己嫌悪を感じる私。

自然の中に入ると、どんな私も許されている気がした。

木から差す陽の光

みんなみんな、この世に生きるいのち。

良いも悪いも、上も下もなく、みんな等しく一つのいのち。

草木も、動物も、人間も同じ。

たとえ落ち込んでいても、

たとえ自分を責めていても、

いのちの等しさが、変わることは何一つない。

駒ヶ根の白い花

自然、そして大地に抱かれて、私は大きなものに守られているような気がした。

たとえて言うなら、まるで宇宙の子宮に抱かれているような感覚。

頬を撫でる風が、母なる宇宙の温もりに感じられた。

一つのいのちとして存在することを、100%肯定されているような感覚。

どこか懐かしいところに帰って来たような感覚。

私はいつも大自然から、「おかえり」と言われているような気がしていた。

人から、あるいは、自然や動物から、

ただ受け止めてもらって癒されたり、心からのやすらぎを感じること。

それは、自分が自分という家に帰って来たような、そんな経験なのかもしれない。

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。