受け止めてもらうこと、それは自分自身という家に帰ってくること

思い返したら、山や自然に沢山受け止めてもらっていた。

立ち止まって悩んで、一人で苦しんでいた頃、

毎週のように山に行っていた。

自然の中へ入って行った。

山頂から見渡す向かいの山

山は、いつも私を受け入れてくれた。

自然は、どんな私も受け止めてくれた。

悩んでぐるぐるしている私。

ちっぽけな私。

ダメな私。

落ち込んでる私。

うまくいかず、自分を責めている私。

生きている意味が分からない私。

そんな私なのに、人を応援し、サポートしていることに自己嫌悪を感じる私。

自然の中に入ると、どんな私も許されている気がした。

木から差す陽の光

みんなみんな、この世に生きるいのち。

良いも悪いも、上も下もなく、みんな等しく一つのいのち。

草木も、動物も、人間も同じ。

たとえ落ち込んでいても、

たとえ自分を責めていても、

いのちの等しさが、変わることは何一つない。

駒ヶ根の白い花

自然、そして大地に抱かれて、私は大きなものに守られているような気がした。

たとえて言うなら、まるで宇宙の子宮に抱かれているような感覚。

頬を撫でる風が、母なる宇宙の温もりに感じられた。

一つのいのちとして存在することを、100%肯定されているような感覚。

どこか懐かしいところに帰って来たような感覚。

私はいつも大自然から、「おかえり」と言われているような気がしていた。

人から、あるいは、自然や動物から、

ただ受け止めてもらって癒されたり、心からのやすらぎを感じること。

それは、自分が自分という家に帰って来たような、そんな経験なのかもしれない。

The following two tabs change content below.
花芽 英莉(かが えり)

花芽 英莉(かが えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。