寒い季節にちょっと好きな感覚

今日は木枯らし1号が吹いたそうで、台風一過だけど、寒い不思議な日でした。

風が冷たくて、すぐそこまで冬が来ているのを感じます。

寒い季節の楽しみは色々ありますが、すごく微かだけど何だか好きな感覚を、ふと感じられました。

その感覚とは、瞼の裏側で冷えた目玉の温度を感じる感覚。

外で、冷たい風に触れた目玉が冷えて、瞬きをすると、瞼の裏側でその冷えた温度を感じるのです。

マニアック過ぎるというか、微細過ぎて、自分でも書いてて可笑しくなります。笑

ああ、冬が来たなぁ。

改めて、目って外気に触れてるんだなぁ。

とか、色んなことが呼び起こされて、その感覚を楽しみました。

瞼の裏、冷えた目で感じる、冬の訪れかな。

・・・と少し句のようにしてみたり。笑

身体の随所で感じた冬の訪れでした。

The following two tabs change content below.
花芽 英莉(かが えり)

花芽 英莉(かが えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。