気づいたら変わっている:セラピー、カウンセリングの現場で

セラピーやカウンセリングの中で起こる気づきは、とても深い。

1月末の学びの中でも、忘れていた、あるいは、抑えていた自分の一部を表現できて、深い部分で気づきが起きた。

気づきというよりは、揺さぶり、衝撃、という感覚が近い。

顕在意識と、潜在意識の説明をする際に、よく氷山の絵が使われることがある。

水面の上の氷が顕在意識。

水面の下の、とっても大きい氷が潜在意識。

人間の意識は、潜在意識の方が大半を占めている。

セッションで扱うのは、この潜在意識の方だ。

自分では意識できていない、意識の深い深い部分、遥か深海ともいえる部分に揺さぶりをかけられる。

地震の揺れが、海の底の方から伝わってきて、地面が揺れるまでに時間がかかるように、この揺さぶりが現実世界に現れるのにはタイムラグがある。

セッションでの気づきを、どう現実で生かしたらいいのだろうか。

セッション後には、そんなことを考える。

けれど、目に見える現実での変化は、じわじわと、知らないうちに、いつの間にか起こる。

だから、そんな自分の現実での変化を受け入れ、これまでと違った選択をする自分を受け入れていく。

そして、それは、まるごとの自分を生きていくということ。

自分のいのちを鮮やかに生きるということ。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。