1月末は心の深い世界にどっぷりと浸かりました。節分を区切りに気持ちを切り替えます。

1月末は、泊りがけの心の学びで深い深い世界にどっぷり浸かっていました。

沢山の気づきがありました。

昨年の学びから始まり、今の自分の気分は一つ一つパズルのピースを探しているような感じ。

そして、今回もその一つをまた手にしたような感覚です。

これまでの延長上にはない、これからの道。

その道を指し示すピース達。

深い体験の中から掴んだピースは、一つ一つが自分にとってどっしりと深い意味を持っています。

まだ全体像は見えないけれど、いつか分かる時が来る気がします。

1月は、前半に体調を崩し、下旬はこの深い学び。

あっという間に過ぎ去った1か月でした。

振り返ってみて、自分でも驚きです。

今日は節分。

これはいい区切りなので、ここから切り替えていこうと思います。

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。