自分との向き合いを始める前に起こっていたことは、人生の行き詰まり そして、それは神様からの愛のビンタだった。

自分と向き合い始めたきっかけ

先日の記事で、仲間の支えの中で自分と向き合ったから道が開けた、と書きました。

それより更に遡って、自分に何が起こっていたのか振り返ってみました。

自分と向き合うと決めて、向き合い始めるより前に起こっていたのは、人生の行き詰まりでした。

人生の行き詰まりが、すべての始まり

私に起こっていた、人生の行き詰まりの感覚を列挙してみると、こんな感じでした。

自分がしたいことも分からず、毎日の生活に雲がかかったような気怠い感覚。

大切なことに向き合っていないことを、うっすら頭の隅で感じながらも、沢山の言い訳をして、向き合わないままにしている状態。

自分を生きていない空虚感。

街を歩いていても、周りの風景に、行き交う人々に、リアリティを感じられない。

どこか依存心のある心。

そんな状態でこの手に掴むものは、何もかもが真の意味では必要のないものだった。

そして、一体何をしたらいいのか、どこへ向かえばいいのか分からない状態になっていた。

行き詰まりの中で辿り着いたどん底

そんな人生の行き詰まりの中、浮遊感も感じながら生きていました。

そんな時に、とても辛く苦しい、自分一人ではどうにもできない、抜け出せない事態に陥ったのです。

はた目からは普通に生きている状態に見えたと思います。

けれど、陸に揚げられた魚のように、生きているのに息ができていないような感覚でした。

真っ暗なトンネルの中にいて、絶望に近い感覚。

底をうち、自分と向き合うことを心に決める

そのどん底とも言える状態になって初めて、このままではいけない、やはり自分を生きなければいけないんだと思いました。

そして、たとえこれまで得てきたものをすべて失うとしても、自分と向き合おう、そう心に決めたのです。

そして、あまり人に助けを求めたことがなかった私でしたが、恥ずかしさも抵抗感も感じながら、でも、なりふり構わず人に助けを求めました。

助けに応えてくれた周りの人たちは暖かった。

優しさが身に染みました。

あぁ、一人じゃないんだ、と思えたのです。

そして傷ついた自分を癒して癒して、少しずつ立ち直っていきました。

けれど癒して終わらせず、そこから更に深く深く自分と向き合う時間をスタートさせていきました。

そんなことが自分との向き合いが始まる前に起こっていたのです。

自分を生きていないと、神様からの愛のビンタを食らう

人は、自分を生きていない時、神様から愛のビンタを食らうんだと思います。

もう今まで通りの自分では生きられない時。

そのことを教えてくれる沢山のサインが出ているのに、それでもそのまま行こうとしている時。

そんな時に強烈なビンタを食らう。

とても痛いけれど、でも、それは愛のビンタ。

目を覚ますことができる、ありがたい愛のビンタ。

そこから、深い自分との向き合いが始まり、自分を生きる道へと向かうんだと思うのです。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。