複業OKとなって、次に向き合っているもの

先日、会社で複業OKをもらったと書きました。

それはもう、目の前の景色が広がって、自由を感じました。

けれど、その後にじわじわと訪れてきたのは、怖れの気持ち。

私にやれるの?

本気なの?

覚悟あるの?

そんな声が聞こえてきます。

きっと、何かを始めようと思ったら、常に頭の中にこだまする声。

どんな人も多かれ少なかれ、乗り越えてきた自分との闘い。

この声に負けて、やっぱり私にはできない、自信がない、無理・・・とやめてしまうと、そこに残るのは、変化や成長のない今までと同じ自分。

今までこの状態を、前に進むか、後退するもしくはとどまる、という2つに1つの選択のように思っていました。

けれど、この記事を書きながら浮かんだイメージは、自分の前にある2つの扉。

1つは怖れの扉、もう1つは愛と勇気の扉。

進むかとどまるかではなく、本当はどちらかの扉を開けて進んでいるんじゃないだろうか。

怖れの扉を開けて進んだ時、景色が変わらず、不安ともやもやを抱えて、自分100%でいられない。

愛と勇気の扉を開けて進むと、景色がどんどん変わり、自分を生きることができて、予想していなかったことが起きていく。

どんな小さなことも足踏みをしている時、実はこの2つの扉が、すっと目の前に現れているのかもしれない。

あなたはどちらの扉を開けるの?

そう問われている気がしています。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。