ゴールデンウィーク、時間のある方にお勧めしたい映画

ゴールデンウィークは、お出かけ日和な日々が続くので、旅行や野外イベントに出掛ける、という方も多いかもしれません。

けれど、どこに行っても混んでいるから自宅でのんびりという方や、この機会に片付けに精を出している方、学びの場に足を運んだり、自分と向き合う時間を取っている方もいるかと思います。

この映画は、そんな後者の方々にオススメしたい映画です。

「世界最速のインディアン」

勧められて見た時は、一体なんの映画かも知らず、タイトルから想像して、インディアン映画なのかな?などと思いながら見始めたことを覚えています。

内容は全然違います。笑

あらすじは下記の通り。

1960年代、ニュージーランドの南端に位置する田舎町インバーカーギル。独り小屋に住む67歳の男バート・マンローは、オートバイ1920年型インディアン・スカウトの改造に日々勤しんでいた。彼の夢は、ユタ州ボンネビル・ソルトフラッツへ渡米し、その愛車で世界最速記録に挑むことだった。近所の子どもに「忘れるな。夢を追わない人間は野菜と同じだ」と諭す。子どもは「どんな野菜?」「さあな キャベツだ そう キャベツだ」という。苦労しながら、アメリカに渡るが、コックニーに似たニュージーランドの発音で苦労する。それでもめげず…。

出典:世界最速のインディアン 『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』より

実話に基づいたこの映画は、何歳になっても夢を持つ素晴らしさを教えてくれます。そして、主人公の夢を追う姿に感動と勇気をもらいます。

自分のやりたいことって何だろう?

夢って何だろう?夢中になれることってなんだろう?

そんな風に考えることがあるならば(いや、なくても)、きっと何か感じるものがあると思います。

そして、単純に作品として楽しめて面白く、鑑賞後に爽やかな感動が残る映画です。

色々書くとネタばれになってしまいそうなので、この辺にしておきます。笑

良かったら是非見てみてください。

あっ、ゴールデンウィークの今じゃなくても、いつ見てもオススメですよ。

  • 「世界最速のインディアン」の内容詳細はこちら、DVDはこちらからどうぞ。
The following two tabs change content below.
花芽 英莉(かが えり)

花芽 英莉(かが えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。