映画「ファインディング・ジョー」を見て、今の自分へのメッセージを受け取る

映画「ファインディング・ジョー」は、神話学者ジョーゼフ・キャンベルの「英雄の旅」が、様々な人へのインタビューや物語を交えて表現されている映画です。

先日、心の学びの仲間が上映会を企画してくれて、仲間数人と一緒に鑑賞しました。

学生時代に宗教学や神話を学んだことや、ユング心理学についても深く学んだ経験があるので、映画の大筋については、すーっと頭に入ってきました。

そういった知識面のこともとても大事ですが、この映画の良いところは、自分自身の英雄の旅について、様々な人がインタビューに答えている部分でもあります。

作家や、起業家、プロサーファー、俳優、プロスポーツ選手など。

彼らの実体験が、英雄の旅をより体感的に分かるものにしてくれているのです。

どんな人にもその魂が輝き出す、つまり英雄となる前の状態があり、そこから一歩踏み出していったのだ、とリアリティを持って感じられるのです。

そして、だからこそとても心を打たれます。

いくつか心に残った言葉を書き留めておきたいと思います。

*大切なのは、至福(bliss)を追い求めること。

*それが何なのか分からなくても、気になることをして進んでいくこと。

*その過程にいることも、とても大切なこと。

*すべての人の目の前に次の一歩があり、その一歩を出すこと。

*勇気とは、やるべきことが分かっていて、それをすること。

*勇気がないとは、やるべきことが分かっていて、やらないこと。

*怖さはなくならない、怖くてもやることが勇気。

他にも沢山良い言葉が紹介されていました。

きっと、その時の自分の状態で響く言葉が違うのだと思います。

そして、これらの言葉はとても普遍的に感じました。

英雄への旅へと呼び出された人は、様々な要素をそぎ落とすと、同じプロセスを歩んでいくんだということを感じました。

次の一歩を出すこと。

怖くてもやること。

それがきっと今の私のプロセスなのだと思います。

参考ページ:映画「ファインディング・ジョー」のホームページ

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。