読書記録や映画を見ての感想など、感じたことを言葉にする難しさを感じて、更にチャレンジしようと思いました

先日、映画「地球交響曲第8番」を見ての感想や、書籍「星野道夫物語」を読んで読書記録を立て続けに書きました。

書き終えてみて、感じたことを言葉で表現するのはなかなか難しいなぁ、、と思いました。

両作品とも、様々なメッセージを受け取ることもできるし、複数のエピソードが語られているから、という理由もあると思います。

けれど、大きな理由は、理性というよりは感性に訴えかけてくる内容だからだと思います。

感性に訴えかけてくるということは、何かを強く感じるわけです。

そして、その感じていることは漠としていて掴みにくいですし、一つではなく沢山ある場合もあります。

形がなく、整理されていない、この「感じていること」を、ある意味で言葉という形に落としてくる、という作業が、なかなか骨が折れることなのだと思いました。

ブロガーや作家の方を本当に尊敬してしまいます。

感じたことを、多すぎず少なすぎない言葉で、しかも読み手に響く言葉で書ける、ということに、ただただ感嘆、感動してしまうなぁ、、と、自分が書き手になってみて改めて思ったのでした。

でも、ここで歩みを止めません。

こうしたチャレンジの先にこそ、何かがあるように感じています。

なので、読書や映画を見ての感想や、それにとどまらず「感じていること」を言葉にすることを積極的にしていきたいと思いました。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。