万平ホテルカフェテラスへ行って来ました(軽井沢駅から車で5分)

紅葉の時期に、軽井沢の万平ホテルカフェテラスを訪れました。

軽井沢駅より車で5分ほどの場所にあり、自然に囲まれていて、時がゆっくりと流れています。

2014年に創業120周年を迎えたというこのホテルは、ジョンレノンファミリーも訪れていたことで有名だそうです。

紅葉の美しさを楽しみながら、カフェテラスで午後のひと時を過ごすという、とても贅沢な時間でした。

ホテルの外観

車でホテルに着くと、紅葉が出迎えてくれました。

万平ホテル入口の紅葉

天気も良く、紅葉も美しく、文句なしの日でした。

ホテルの入口には、ホテルの歴史について書かれた案内板があります。

万平ホテル入口の案内板

ホテルの入口はこちら。

万平ホテルの入口

お店の外観

お目当てのカフェテラス入口へと向かいます。

万平ホテル内カフェテラスへ向かう道

万平ホテルカフェテラスの入口

カフェ入口の案内板も、とても歴史を感じさせます。

万平ホテルカフェテラスの案内板

期待高まる中、早速店内へ。

店内の様子

入口を入ると、右側にソファ席や、6人ほどで訪れても座れる席があります。

万平ホテルカフェテラス店内右側

左側は、少人数向け。

万平ホテルカフェテラス店内左側

そして、テラス席もあります。

万平ホテルカフェテラスのテラス席を店内から眺める

テラス席には、ガラスのドアを開けて出ていくことができます。

ぽかぽか陽気のこの日は、テラスでひと時を楽しむ方もいました。

席はこんな感じです。

万平ホテルカフェテラスのテラス席その1

万平ホテルカフェテラスのテラス席その2

過ごしてみて感じたこと

アップルパイがとても有名とのことで、少し楽しみ、ゆっくりと時を過ごしました。

甘さ控えめで、食べた後も体に不快感も残らず、質の良さを感じさせます。

また、窓ガラスがいっぱいの店内は、日が射し込むとぽかぽかとしていて、朝晩の冷え込みを忘れるくらいの暖かさでした。

その後、入口付近の館内を少しだけ見学。

大きなステンドグラスや、趣のある暖炉がエントランスにはあります。

万平ホテル館内の大きなステンドグラス

万平ホテル館内の階段そばのステンドグラス

万平ホテル館内の暖炉

古くからあるものが持っている独特の雰囲気が、心を静めてくれます。

客室などは一体どうなっているのでしょう。

今度は泊まってみたいな、と思いつつ、ホテルを後にしました。

参考ページ:万平ホテル カフェテラスの食べログ万平ホテルのホームページ

The following two tabs change content below.
花芽 英莉(かが えり)

花芽 英莉(かが えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。