ル・カフェ・ドゥ・グランブルー(神谷町駅徒歩7分)に行ってきました

ル・カフェ・ドゥ・グランブルー店内の様子

神谷町の辺りで、静かに過ごせるところはないかと探して、見つけた場所です。

神谷町駅から、少し坂を上がっていくところにあります。

お店の横を通って入口へと向かいましたが、お店の横には南国情緒溢れる植物があり、少し不思議な雰囲気が漂っています。

そして、入口へ。

ル・カフェ・ドゥ・グランブルーの入口

ル・カフェ・ドゥ・グランブルーの看板

うん、なかなか面白いです。

中へ入ってみると、これまた不思議な雰囲気。

お店の中には、色々とアジアン風のものが飾られています。

ル・カフェ・ドゥ・グランブルー店内の雑貨

ル・カフェ・ドゥ・グランブルー店内の雑貨

奥の方の席は、椅子も雰囲気があります。

ル・カフェ・ドゥ・グランブルー奥の席

平日のランチ、13時過ぎに訪れました。

満席とまではいきませんが、お客さんで結構席が埋まっていました。

けれど、テーブルとテーブルの間の距離が広めなので、あまり気になりませんでした。

14時近くなると大分減り、店内はガラリとした感じ。

ル・カフェ・ドゥ・グランブルー店内の様子

どこか南国のような雰囲気も手伝って、時間がゆっくり流れているような感覚になりました。

トイレに席を立ちましたが、このレストランに洋服や雑貨などのお店が併設されていて、その店内を歩いた先にトイレがあります。

このお店の作りもなんだか不思議です。

洋服を買いに来たらしいお客さんもいました。

席に戻り、少しノートを広げて色々と書き出す作業をしましたが、机が広くて、とても助かりました。

唯一、喫煙可というのが、私としては少しきつかったです。

ほとんどのお客さんがタバコは吸っていませんでしたが、数人いらっしゃいました。

訪れる前に調べた際に、タバコの状況をよく見るのを忘れていました。

でも、タバコが大丈夫、という方には、とてもゆっくりできるお店ですので、オススメです。

お店を出る前に、一枚パチリ。

ル・カフェ・ドゥ・グランブルー店内の様子を入口から

落ち着く時間を過ごさせていただきました。

そして、そのまま通りを歩いて、東京タワーの横を通りました。

東京タワーが見れました♪

東京タワー

参考ページ:ル・カフェ・ドゥ・グランブルーの食べログ

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。